スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名門アバロス兄弟の軌跡~ビティージョ94歳の最新録音

 アバロス兄弟 Los Hermanos Abalosはアルゼンチンのフォルクローレの歴史において、北西部のリズムをラジオやレコードを通じて、わかりやすい形で紹介した存在として先駆的な巨星である。その唯一の存命者であり、本年94歳というビティージョ・アバロス Vitillo Abalosの新譜「黄金のレコード」(El disco de oro)が昨年発表された。残念ながら日本のメディアではちゃんと紹介されていないようなので、ここにあらためて記しておきたい。

Vitillo Abalos CD 052

 「アバロス兄弟」はサンティアゴ・デル・エステロ州出身(厳密には両親がブエノスアイレスにいた時に生まれたものも含まれている)の実の兄弟たちによって1939年から活動を開始した。上からナポレオン・ベンハミン(愛称マチンゴ)、アドルフォ、ロベルト・ウィルソン、ビクトル・マヌエル(愛称ビティージョ)、マルセロ・ラウル(愛称マチャーコ)の5人兄弟で、基本はアドルフォのピアノ、ビティージョのボンボ、後の3人がギター、歌は全員で、というものだが、曲によっては持ちかえでケーナやチャランゴも演奏した。

 結成のきっかけは、1938年にアドルフォとマチンゴがブエノスアイレス大学で化学を勉強するため移住したことだった。2人は以前カルロス・ガルデルの歌う民謡調ガトを聞いて、歌い方もリズムも本当のガトではないと感じ、ブエノスアイレスの人たちに本物のガトを聞いてもらわなくてはいけない、という思いがあったという。ほどなくデュオを結成、ピアノのあるバーでしばらく演奏していたが、当時ピアノ演奏によるフォルクローレは大変珍しかったことも手伝って、ラディオ・エル・ムンドのプロデューサーに見出され、即契約とあいなった。翌年、翌々年にビティージョとマチャーコがそれぞれ上京、1942年にはロベルトが上京し、5人組のエルマノス・アバロスが完成する。

Hnos Abalos Nostalgias SP 243

同年、タンゴ・ピアニストのルシオ・デマーレの兄で、アルゼンチン映画界を代表する監督だったルカス・デマーレ監督で、タンゴの作詞家としても名高いオメロ・マンシの脚本による名作「ガウチョ戦争」 La guerra gauchaの音楽を担当、そこに登場した彼らの最大のヒット曲「谷間のカルナバリート」 Carnavalito quebradeñoによって、一躍その名を知られるようになる。
 以来、ラジオ、レコーディング(長くRCAビクトルだったが、1940年代の一時期にオデオン、1960年代以降ステントール、コルンビア、ミクロフォンにも録音している)、ペーニャ(一時期「アチャライ・ウアシ」という自分たちの店も持っていた)などで広く活躍、1940年代から高まるフォルクローレの隆盛をリードする存在となった。
1952年には初のLPを録音、そのシリーズ「我らのダンス」Nuestras danzasはサンバ、エスコンディード、ガト、パリート、クアンドなど北西部を中心に代表的な形式を、ピアノとギターを中心としたわかりやすい演奏で収録、フォルクローレ・ダンスの教則用という需要もあってCD時代まで長くベストセラーとなる。

Hermanos Abalos RCA Nuestras danzas RCA Camden 3LPS 566

1966年には来日公演も行った。当時フォルクローレといえば、その少し前に来日していたエドゥアルド・ファルー、アタウアルパ・ユパンキ、スーマ・パスといったアルゼンチンのギター弾き語りスタイルのイメージがほとんどで、アバロス兄弟のスタイルはひときわ民俗的色彩の濃いものだった。残念ながらあまり大きな話題とはならなかったが(たぶんこのタイミングでの来日は早すぎたのだろう)、日本でケーナの演奏がはじめて聞かれたのもこの時だったはずである。(本CD新録音⑧のChacarera del sol nacienteはこの時の印象だろうか?)

ABALOS

その後も断続的に60年近く活動してきたアバロス兄弟だったが、2000年にマチャーコ、2001年にロベルト、2004年にマチンゴが死去した。ピアノのアドルフォは2000年からソロ活動を行い、珠玉のアルバムを残したが、2008年に死去。1922年4月30日生まれのビティージョだけが今も94歳で健在なのである。

実はビティージョは1997年、75歳の時に一度引退を発表しているのだが、その後ほどなく若手の演奏家と一緒に「ビティージョ・アバロスの中庭」というショウを行い好評を得、2011年と2012年にはアルゼンチン全土をツアー、2013年からはラジオ番組も持っているそうだ。そして94歳になった2016年、「エル・ディスコ・デ・オロ、フォルクローレ・デ・1940」が発表される。2枚組のCDアルバムで、1枚はエルマノス・アバロスの1940~50年代のRCA録音の復刻だが、もう1枚は新録音で、②フアンホ・ドミンゲス(ギター)、⑨⑩ハイメ・トーレス(チャランゴ)、ペテコ・カラバハル(バイオリンと歌)、⑬打楽器集団ボンバ・デ・ティエンポ、⑫イルダ・エレーラ(ピアノ)、⑭ファクンド・サラビア(歌)、⑬アクセル・クリヒエル(歌)、③リリアナ・エレーロ=ラリ・バリオヌエボ=ペドロ・ロッシ、④レオポルド・フェデリコ(生涯唯一のチャカレーラの録音、ギターのゲストにウーゴ・リバスも)、⑪オマール・モジョといった、フォルクローレはもちろん、アルゼンチン・タンゴやロックも含めた大ベテランから若手まで多彩なゲストを迎えたものになっている。⑥には現在のアバロス一族も参加する。
まだフォルクローレが全国的に知られていなかった時代から(最初の頃、「君たちはボリビアから来たの?」と聞かれたりしたそうだ)、ボンボ一筋でサンティアゴの味を伝えてきたアバロス兄弟最後の一人、ぜひその歴史的重みを新旧の録音でぜひじっくり味わっていただきたい。

曲目 新録音CD1:
①ペテコ・カラバハルによるイントロ Presentacion Peteco Carabajal
②チャイコフスキーのガト Gatito de Tchaikovski
③ハンカチを振りながら Agitando panuelos
④ラ・フゲトーナ(遊び好きのチャカレーラ) La juguetona
⑤宇宙のビダーラ Vidala del universo
⑥チャカレーラ・コプレーラ Chacarera coplera
⑦太陽いずるチャカレーラ Chacarera del sol naciente
⑧デ・ロス・アンヘリートス De los angelitos
⑨谷間のカルナバリート Carnavalito quebradeno
⑩焚き火のそばで Juntito al fogon
⑪炭焼き女と人は呼ぶ Me llaman la carbonera
⑫46 La cuarenta y seis
⑬エル・ウトゥリータ El utulita
⑭サンティアゴの郷愁 Nostalgias santiaguenas
⑮ボンボおじさんと踊ろう Bailando con el bombisto
⑯チャカループとビティージョのサパテオ Chacaloop y zapateo de Vitillo

CD2:1940~50年代のエルマノス・アバロスのRCA録音20曲を収録、新録音と同じ曲目も多数
スポンサーサイト

ペルー音楽初期録音の貴重な記録~CD「マルティン・チャンビの時代の音楽」

 1917年から1937年までのペルー音楽の録音を復刻した大変興味深いアルバムが発売された。タイトルの「マルティン・チャンビ」は1891年ペルーのプーノに生まれた写真家の名前で、ケチュア語を主要言語とする貧しい農村の出身だったが、14歳で鉱石の輸出会社に就職するため上京、そこでイギリス人の写真家と出会い、1908年アレキーパに移り、写真を撮り始める。先住民族や祝祭などさまざまな風俗を記録に残し、その視線は写真とメディアそのものに内在していた白人的な視点に大きく影響を受けつつも、自己の出自である先住民やメソティーソの視点も持っていた。1973年に亡くなり、国際的に評価され始めたのは1990年代だという。表紙の写真はもちろん、中にももう1点の写真が掲載されている。このアルバムに収録された音源はチャンビがもっとも多くの写真を撮っていた時期なのである。
CD Martin Chambi 048

Martin Chambi Carlos Prieto Libro 1

 アルバムの内容とチャンビの写真には時代以外の共通点がある。それは商業写真家として、スタジオで着飾った人々を撮るということと、民族のシンボルを記録するという2面性が、ペルー初期のレコーディングに見られる商業性と民族性の関係性に非常に近いものがあるからだ。
 一般的な感覚でいくと、録音が古ければ古いほど、より原初の形に近い音楽が聴ける、と思うかもしれないが、実際はそうではない。特に1926年以前はマイクがまだない時代であり、大きな音で録音できることが重要であり、そのためには大編成の編曲ができる、当時のポピュラー音楽界では少数派だったきちんと音楽教育を受けたアーティストが重用されることになる。実際このCDに収録されている1917~23年の録音はブラスバンドやオーケストラによるものである。

 マイクの使用が可能となって、ケーナ、アルパ、チャランゴなどの音もバランスよく録音可能となるが、それでもオーケストラや弦楽四重奏に編曲したフォルクローレなどが多い。まだ当時は民族の音を記録しようという意図はなく、クラシック音楽を聴く人にも鑑賞出来るようなスタイルを目指す(当時の人たちが考える「高い音楽性」)ということもあるだろう。2曲、現在ではあまり見られなくなったというエストゥディアンティーナ(スペイン伝来の弦楽器、アコーディオンなどのアンサンブルを指すが、ペルーではフォルクローレの演奏編成の一つとして確立されている)の録音もあるが、これは実際の演奏スタイルをそのまま記録したといえるが、比較的人数が多くて、録音に適していたからだろう。CDにはケーナとアルパのトリオ1曲と、アルパ・ソロ1曲があるが、これはむしろ珍しい方に入ると思う。

 ここに収録されている原盤はほとんどが北米盤である。おそらく1940年代までペルーには録音スタジオもプレス工場もなかったはずで、1930年代半ばまではアメリカ制作(最初期は譜面を持って、北米のスタジオオーケストラが演奏、その後は音楽家が出張するケースと録音隊が出張するケースがあったはずだ)、それ以降1950年代前半まではアルゼンチンのブエノスアイレスで録音・プレスが行われていた。その数は決して少なくないはずだが、これまでほとんど復刻されていない。上記のような録音事情を踏まえれば、なかなか面白い内容なのである。

 特に目を引くのは「コンドルは飛んでいく」の作曲者ダニエル・アロミア・ロブレス作曲①「アンデスの夜明け」である。「コンドルは飛んでいく」はペルー・フォルクローレで最も知られた曲であることは疑いないが、伝統的なモチーフをもとに、ロブレスが1913年にサルスエラ(スペイン語圏のオペレッタ)のために書いた曲であり、当時としては高い音楽的知識を持った人物の作曲によるものなのである。当のサルスエラは先住民労働者とアメリカ人鉱山主の闘争を描いた政治色の強かったせいもあり、後世には残らなかったが、1950年代から単独の楽曲として演奏されはじめ、1970年のサイモン&ガーファンクルによって世界的に知られるようになる(ただサイモン&ガーファンクル盤では作者不明の民謡扱いになっていた)。このCDの①をきくと、大げさなオーケストラ演奏にも思えるが、これはおそらくロブレス本人の編曲だと思われ、彼の目指した音楽はこういうものだったのではないか、「コンドルは飛んでいく」も、作者のオリジナルなイメージはこの録音に聞かれるような壮大なオーケストレーションだったのではないか、とも思うのだ。

私の手元には①と同時期のインターナショナル・オーケストラのSPと、その1年後、1929年の録音と推測されるブルンスウィック・レーベルの自作演奏(そちらはオルケスタ・ペルアーナ・デ・ロブレス)があるが、同じような編曲手法だ。
Nortena SP just 050
Huayno SP just 051

CDには他にもワルツの名曲「詩人メルガール」で知られるベニグノ・バジョン・ファルファン作曲⑩「マンコ・カパク」(フォックストロット)と⑬「クシクイ」(ワンステップ)などもあり、外国音楽とペルー伝統音楽の折衷に苦心してきた先駆者の姿も浮かぶ。(写真は私の自慢のコレクション、ファルファン作「メルガール」の1917年頃のレコード。)
Melgar SP just 049


私の手元にはタンゴのSP盤収集の傍らで入手できた1930~1940年代ブエノスアイレス録音のペルーとボリビア音楽のSPが100枚ほどある。アルゼンチンのスタジオ・ミュージシャンの助けも得て、また一味違う面白みがある。タンゴの復刻の進み具合に比して、この分野の復刻盤はゼロに近い。この盤の続編としてこの辺もいつの日か復刻されないものだろうか。
プロフィール

panchito2

Author:panchito2

CafeDePanchitoLogo

カフェ・デ・パンチート・ブログ


コラム・デ・パンチート
▲このブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。